「若石健康法」とは

 

 

「若石健康法」の「若石(じゃくせき)」とは、神父様のお名前です。

 

1970年代に台湾に赴任していたスイス人のジョセフ・オイグスター(中国名 呉 若石)神父は、持病のリュウマチに悩まされていましたが、スイス人看護師ヘディ・マザフレ女史がまとめた「未来のための健康」という足の健康法を元に足もみを実践したところ、リュウマチを克服することができました。

 

これがきっかけとなり、神父は足をもむ健康法の普及に励みだし、台湾で一大ブームが巻き起こります。

 

その後神父は台湾を離れることとなりましたが、陳 茂雄、陳 茂松の両氏に、この健康法の継続と普及を依頼し、このことにより、健康法は「若石健康法」と名付けられ、1982年「国際若石健康研究会」が発足しました。

現在は、約50の国や地域に普及、実践されています。

日本若石健康研究会

http://www.jakuseki.jp/