足もみの歴史

 

 

「足に刺激を与えて病を治す」

このシンプルな健康法の起源は、数千年前までさかのぼります。

 

古代文明発祥の地、エジプトや中国において、足もみが行われていたという資料が残されています。

エジプトでは、古代の壁画に足をもんでいる様子が描かれており、中国では、約5,000年前より蓄積されてきた足もみの知識や技術が、約2,000年前に書かれた「黄帝内経」という医学書に「観趾法」として体系化されました。

 

 

(エジプト第6期の初期の外科医として知られるアンクマホールのお墓の壁に描かれている絵の復元図)

 

 

その後「観趾法」は、20世紀に多くの専門家によって現代医学の観点から研究されるようになり、伝統療法として脈々と受け継がれてきた足もみは、「反射療法(リフレクソロジー)」としての地位を確立しました。